レイ・ダリオ「2020年にリセッション入りする可能性が著しく高い」

”レイ・ダリオ氏インタビュー「2020年にリセッション入りする可能性が著しく高い」(CNBC2019.1.22)

ブリッジウォーター会長兼CIO であり著名投資家でもあるレイ・ダリオ氏が、ダボス会議でのCNBCのインタビューでコメントしました。

「世界的に経済が減速している。アメリカだけではない。欧州、中国、日本もだ。我々は経済循環サイクルの終わりに差し掛かっており、各国の中央銀行はこれ以上金融緩和政策を行う事ができない。ゆえに(リセッションは)2019年または2020年に発生すると限定される。」

「債券利回りが、FRBにこれ以上利上げするなと警告を発している。もし利回りがより速く上昇すれば、世界経済に新たな問題が発生するだろう」

「次の経済停滞は私の最大の心配事だ。また米国の政治的、社会的衝突の激化についても心配している。」

「FRBの2018年の利上げ判断は失策だった。」

 

 

レイ・ダリオのこの発言についてジム・クレイマーはこう述べています。

”誰も2020年にリセッションを召還する事はできない(CNBC2019.1.22)”

「2020年にリセッションを呼び寄せる事ができる人間は誰一人としていない」

ジム・クレイマー

「リセッション入りする、という発言をする人間に限ってみな頭のいいやつらばっかりだ。だが2020年に都合よくリセッションを呼んでこれる人間なんかいないよ。」というような事をCNBCの番組内で早口でまくし立てていましたよ。

  

  

  

  

リセッションは来なくていいですと思っている人はクリック頂けると幸いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。