Google一点集中投資でS&P500に勝てるか

  

  

著名投資家であるピーター・リンチ。かつて1970年代後半から1990年代までの間、フィデリティ投信のファンドマネージャーとして年率29%という驚異的パフォーマンスを叩き出していたウォール街の生ける伝説の一人。

そんな彼をもってしても、現在の米国株式市場でS&P500を上回るのは至難の技のようです。

2019年、(すでに第一線は退いているが)彼のポートフォリオの年初来リターンはプラスでこそあれ、S&P500(2019.12.20終値:3,221)の年初来+29%というパフォーマンスには遠く及ばず、実績数値は非公表とバロンズのインタビュー(2019.12.22付の記事)で語っています。

   

 

現代の相場は、彼の全盛期である1980年代〜90年代とは様相が完全に異なっています。彼の全盛期には今のような膨大なETFの出来高は無かったからです。

「現在の相場はETFが占める割合が大きく、毎日ETFのファンドマネージャーが相場の全銘柄に対して膨大な注文を入れる。このような時代、アクティブ運用はパッシブ運用(インデックス)に勝てない

   

また、ピーター・リンチの投資スタイルは「ファンダメンタルズを重視したバリュー投資」であり、割安に放置されたバリュー株を見極め、投資し、大きな利益を得るというものですが、そのような投資スタイルを成功させるような株価の不均衡は現代には起こりづらいです。

(ピーター・リンチの投資哲学は)インターネット時代以前のものだ。ネット社会となった現在、「あなただけが見つけた情報」はすでに数百万人が知っている情報であり、SNSにも投稿されており、もちろん株価にも一瞬にして織り込まれている

一旦まとめると、要するに投資パフォーマンスでS&P500に勝つ事は相当に難しいという事です。ほぼ無理なのではないでしょうか?

2019年はピーター・リンチも債券王ガンドラックもS&P500に負けています。いわんや単なる市井の個人投資家である我々がS&P500に勝てる事があろうか・・・

  

**********

当たり前ですが、S&P500に勝ちたければS&P500にインデックス投資をしていてはダメです。個別株を買いましょうという話になります。

 

しかしどの個別株を買えばS&P500に勝てるでしょうか?難題過ぎです。そもそもその答えを巡って、米国株ブロガー界隈では毎日血で血を洗う争いが繰り広げられています(事実と異なる説明)。

 

前置きが長くなってしまったうえにここから先は完全に戯言なのですが、Google(アルファベット)株はどうでしょうか!!? Googleは2020年以降も期待できますよお客さん!!!!(?)

 

うっすーい根拠となる参考記事を貼り付けておきます。

Alphabet CEO Sundar Pichai Awarded $242 Million Pay Package(アルファベット社ピチャイCEO、2億4200万ドル相当の報酬体系) – ブルームバーグ 2019.12.21

  • グーグルCEOであるピチャイ氏が、グーグル親会社であるアルファベットのCEOに就任
  • 年棒は200万ドル(約2億2千万円)に過ぎないが、業績連動報酬部分が年間8000万ドル、三年間で2億4200万ドル(約260億円)と、無茶苦茶高額な設定
  • その業績連動報酬の達成条件・・・同社の株価の年初来リターンが、S&P500のそれを上回ること

   

*******

いかがでしょうか。ピチャイCEOは株価を上げてS&P500を上回るパフォーマンスを出すことに、相当インセンティブがある状態でCEOのポジションを遂行することになります(少なくとも報酬体系だけ見れば)。

 

Googleは時価総額が非常に大きくS&P500の時価総額ランキングでは最上位クラスですから、同社のパフォーマンスとS&P500はある程度連動する事が予想されるのも有利なポイントです・・・・などとドヤろうかと思いましたがS&P500におけるGoogle(アルファベット)の構成割合はそれでも普通に3%かそこらしかないので、今のは忘れてください。

  

あと、ピチャイCEOは相当頭良さそうじゃないですか?(アホが書く文章)

 

今年まだ47歳と若く、Google入社は2004年なのでまだ入社16年目、それなのに前アルファベットCEOでありグーグル共同創業者の一人ラリー・ペイジ氏を押し出してトップに就くわけですから、まあ普通ではないですよね。

数ヶ月前には量子コンピューターの開発に成功したおかげで、人類史上最速のスパコン(IBM製)で1万年かかる計算を3分で解き終えたそうじゃないですか。IBMのコンピューター開発者のメンツは丸潰れですよ!!?

  

いずれにせよ彼ならやってのけるかもしれません・・・S&P500超えを!

   

でも流石に全財産全力一点集中は無いなあ(爆)

  

ピチャイCEO近影
「OKグーグル、S&P500を凌駕して」

  

  

米国株ランキングバナーを応援クリック頂けると大変励みになります!

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。