月曜が底値だった

  

2019年8月6日(火)のニューヨーク市場は少し戻して終わりました。S&P500はプラス1.3%。

中国人民銀行が人民元の急落を抑制する姿勢を示したことで、米中対立の激化に対する懸念が若干和らぎ、市場が好反応を見せたようです。

 

レバレッジ3倍ETFも軒並み上昇しました。

上昇といってもこの4営業日でマイナス20%ぐらい食らってますが・・・

TQQQ 8月1日 :69ドル→ 8月6日:57ドル(-18%)

 

米国株バーゲンセールは終わったのでしょうか?

8月5日の急落が底値だ、という強気な考えの人もいます。

”ダウが1日で大きく下落した。次に待つものは(CNBC 2019.8.5)”

CNBCが依頼してヘッジファンドのKENSHO社に調べてもらったとのこと。過去のデータによると月曜日に2.5%以上株価が下落した日というのは2009年以降30回あるみたいです。

それで平均を計算すると、急落翌日の火曜日のリターン(ダウ平均)は+0.27%、5営業日後のリターンは+2.3%、1ヶ月後のリターンは+4%だったそうです(KENSHO調べ)。

 

で、今回はどうだったかというと、急落翌日火曜日のダウのリターンは+1.2%でした。おお!過去のデータを上回る成績!つまり月曜の急落が底値となりそうなので、安心して買い増しできますね。

  

・・・それはただのジンクスと言うのでは?

 

 

 

米国株式市場を信じる!

Follow me!

2件のコメント

  1. 私の投資対象はハイテク系だけだったので、8月になっての下落は全力米国株さんより悲惨でしたよ。
    対策として昨日、全力米国株さんが採用されているTMFを購入させていただきました。
    ハイテク系:TMF=67/33となり、過去の実績では安定感が大幅に増しそうです。
    昨夜、SBI証券サイトが極端に重くなり、TMFの注文が遅れてしまいました。TMFが急激に上昇したため安価で購入する機会を損失したのが、残念ですが、ネット投資ではこんなことは何度もありそうで仕方がないですね。
    SBIに問い合わせるとアクセスが集中して・・・・謝罪されました。

    1. TMFは異様に上がっていますね。
      債券もいいですが、下がるハイテクもそれはそれで魅力的です。買い増しの勇気があれば!
      Reservedogさんの健闘をお祈りします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。