これは、思慮分別の勝利である(ジム・クレイマー)

  

2019年1月29-30日に開かれた連邦公開市場委員会(FOMC)で、FRBが利上げに様子見姿勢を示した事について、ジム・クレイマーが1月30日のCNBCの番組でコメントしました。

パウエル議長の判断を高く評価しています。  

  

「パウエル議長が(利上げを見送ったので)米株式市場に損害を与えた、と論じる評論家もいるが、耳を貸す必要はない。」

  

「パウエルFRB議長は、私のように株価を上げたい人に媚を売って誤った決定(政策金利を据え置いた)を下した、と主張する人もいるだろう。 私はこのような考え方にはうんざりする。もちろん株価の上昇は大いに歓迎するが、重要なのはそこではない。パウエル議長の決断は、株価ではなく経済全体を考えた上での決断だ。健全な経済を望まない人間がいるだろうか?

    

もしパウエル議長が自らの利上げプランに固執していたら、ウォール・ストリート(大企業及び機関投資家を中心とする金融市場)よりもメイン・ストリート(中小企業、個人投資家及び小規模投資・運用・証券会社を中心とした経済)の方がはるかに荒廃していただろう。」

  

「株価の上昇は確かに素晴らしい事だが、それを理由にパウエル議長が決断したわけでは無い。 パウエル議長は景気拡大を終わらせた男になりたくなかった。また リセッション入りの引き金を引いた男にもなりたくなかった。」

   

「これは、蛮勇に対する思慮分別の勝利である。」

  

  

勝利宣言はまだ早いんじゃないですかクレイマー先生ッ・・・!

だいたい「ハイ勝ちました」などと言うと往々にして直後に悪い事が起こるというのは、地下闘技場では常識となっているわけです。そのため個人投資家は今後の展開に十分注意が必要です。

  

克己も・・・(グラップラー刃牙より)

  

刃牙も・・・

このあと滅茶苦茶ボコられた。

  

  

  

クリックいただけると大変励みになります。

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。