米国株に強気になるのに遅過ぎる事はない

 

今月も命を削って稼いだ金を、速やかに米国株に突っ込んでいきます。

 

パウエルFRB議長のハト派姿勢が明らかになった事により、2019年6月21日(木)にS&P500は史上最高値を更新しました(2,954)。

米中貿易問題やホルムズ海峡タンカー襲撃事件や米軍無人攻撃機(ドローン)撃墜事件など、株式市場の懸念材料は山積みのように見えますが、実際にはマーケットにさほど影響が無いように見えます。逆にちょっと怖い。

 

さて全力米国株はこのタイミングでTMF(米20年超債券レバレッジ3倍ETF)を200株@24.45ドル、計52万円分買い増ししておきました。

債券は株式と逆相関の値動きが期待できるので、TMFは暴落局面ではポートフォリオのセーフティネットの役割を果たす事になる(はず)です。

しかし株式がすぐには下がらなくとも、債券価格はまだもう少し上がりそうな気がしています。

 

  

これでレバレッジ3倍ETFの合計は1460万円になりました。最近TMFを買っていなかったので、比率が目安の4割を大幅に割っていたことも買い増しの理由です。今月の買付でTMFは35%、約510万円となりました。

ポートフォリオ全体ではTMFの割合が20%を超えました。

世界中で米国債が買われまくっているため、米国債価格は上昇し、TMFも年初来リターンが+25%と好調です。

ただ、TMFと逆相関の動きを見せるはずのSPXL(S&P500レバ3倍ETF)も年初来リターンが+58%と絶好調なので、欲深いレバレッジ3倍投資家には嬉しい「株式も債券も仲良く大勝利」という状況が続いています。

米国債に資金が流入している理由は良く分かりません。

「現在が景気サイクルの終盤である。強気相場は間も無く終焉を迎える。世界的に経済が減速している。世界の中央銀行は利下げしている。リセッションは近い。だから債券価格は上昇する。」

そのように考える多くの投資家の資金が、世界最強の安全資産である米国債に集中しているのかもしれません。


それに加えてFRBがハト派に転じ、さらに来月7月には金利を引き下げると見られているので、この流れはしばらく続きそうな雰囲気があります。

FRBが金利を引き下げる事は一見株式にはポジティブなように見えますが、来たるリセッション時に本当に必要な利下げの手が打てなくなるなどの理由で、長期的には経済にはネガティブインパクトだと唱える記事もチラホラ目にします(ファイナンシャルタイムズなど)。

  

また6月22日のブルームバーグは、既に強気相場は最終局面に差し掛かっており、「米国株に強気になるには遅すぎる」と論じています。

全力米国株はぶっちゃけ強気相場は終わらないと考えているのですが、いずれにせよ債券価格はまだもう少し上がりそうな気がしています。

下の方の米国株ボタンを応援クリック頂けると大変励みになります。

Follow me!

6件のコメント

  1. はじめまして。
    どこから英語を勉強したのか参考までに教えてください。
    何から手を付けてよいか困っております。

    1. 原始人さん、ご質問ありがとうございます。
      私はTOEICパート5の問題を解きまくる所からスタートしました。なぜならTOEICパート5は英語の基礎的な力を効率的に身に付けられるからです。語彙力、文法力、英文を読む力、の3つです。ついでに当然ですが実際のTOEICパート5の点数も上がります。パート5に出てくる英単語と文法は全て暗記しましょう。それがその後のリスニングや長文読解の礎になります。
      原始人さんは英語のどのあたりを伸ばしたいとか、具体的にありますか?
      たとえば「TOEICの点数が必要」とか「TOEICは必要無いが英語で顧客とメールできるようにならなきゃいけない」とか「ニュースを聞き取りたい」「英語で自社製品を口頭で説明しなければばらない」とかです。

  2. ご回答ありがとうございます。

    早速スマホ2台と家PCと会社PCで米国株ボタンを押してきました(何もなくてもいつも押してますが)

    今なんちゃってシステムエンジニアとして働いており社内的にもTOEICの点数も欲しいし
    最終的には英語で技術的な会話にも話せるようになりたいのが目標です。

    去年から下請けで海外の方が来るようになったのですが、技術用語混じりで日本語がペラペラでもう本当に焦りを覚えました。

    とにかくスキルを付けなければとの思いです。

    英語なんて中学3年、高校3年、大学4年で計10年やっているのにまったくダメダメです。

    友達の天才に聞くと「英語なんて常に頭で英作文すればいいじゃん」と、

    あぁ、そういえばコイツは別の惑星の生物だったな。実は大きい脳みそが母星にあって通信しているに違いないと思って、
    まったく参考になりませんでした。

    アドバイス、本当にありがとうございます、早速TOEICパート5から勉強します。
    新形式問題だと、短文穴埋め問題ですね。

    1. >原始人さん
      そうです、パート5は短文穴埋め問題です。続きはブログ記事に書かせて頂きました。返信ありがとうございました。またいつも沢山ポチ頂き本当にありがとうございます!

  3. こんにちは。リザーブドッグです。
    TMFは株価と逆相関のはずが、一緒に上昇などしていいパフォーマンスですね。
    TMFがセール価格になったらほしいですね。

    景気後退の声が色々聞かれますが、全力米国株さんは「ずっとガチホ」の方針でしょうか?
    私は年齢的に投資寿命が十年ちょっとと考えると1~3年程度の株価下落はメンタル的に苦しすぎるので、利下げによる株価上昇が終わりそうになったら、株式の売却、バーゲンセールで買い戻しを検討しています。
    そんなにうまくいくはずもなく、株価上昇で機会損失になる可能性も高いのですが、メンタルヘルスも考えて対応したいと考え、思案中です。

    1. >リザーブドッグさん
      そうですね、タイミング売買は自分には絶対に出来ないと確信しているので、長期でホールドする予定です。但しポートフォリオのリバランスは適宜行うつもりです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。