ハイテクとディフェンシブは両方暴落します

   

2020年2月19日(水)の米国株式市場は上昇しました。

コロナウィルスの収束は未だ不透明ですが、ハイテク中心に市場を押し上げ、S&P500とNASDAQは最高値更新となりました。高値更新は今月これで何度目だろう?

米国株はバブルでしょうか?

全力米国株は米国株はバブルではないと思っていますが、JPモルガンのトップアナリストの一人マルコ・コラノビッチは違うようです。

2月19日の記事「JP Morgan’s trading guru says the bubble in defensive and tech stocks ‘will likely collapse’」で、特にディフェンシブ銘柄とハイテク銘柄はバブルであると、顧客向け書簡の中で警鐘を鳴らしています。

経済成長率に関係無くディフェンシブ銘柄の株価が上昇している。

彼が言うディフェンシブ銘柄とは以下3セクターです。

  • ヘルスケアセクター
  • 生活必需品セクター
  • 公益セクター

これらのセクターは売り推奨だとの事。

  

JPモルガンは再三に亘りディフェンシブ銘柄を売るよう顧客に推奨している。代わりに買うべきはバリュー株、コモディティ株、新興国株といったシクリカル銘柄だ。

   

ディフェンシブ銘柄とシクリカル銘柄のバリュエーションが大きく開きつつある。状況は90年代後半のドットコムバブルより酷い。バブルは弾ける可能性が高い。言うなれば「今回は違う」ではなく「今回も同じだ」ということだ。

   

またコラノビッチ氏はいくつかのハイテク銘柄についても「持続不可能な株価上昇」だとバブルを指摘しているようですが、このCNBCに記事には名前が出てきません。おそらくJPモルガンの顧客向け書簡には記載されているのでしょう。

ただ、何の銘柄かは大体予想がつきます。Microsoft、‪アルファベット(Google)‬、Amazon、Apple、Facebookのどれかは必ず入っているでしょう。

バリュー株はこのようなバブル的状況とは真逆の状況である(ので推奨する)。

  

と言う事でJPモルガンはバリュー株推しです。

気になる方はIVE(S&P500バリュー株ETF)をチェックしてみてはいかがでしょう?

  

日本人投資家の間では「ディフェンシブはクソダサいです」とか「ハイテクは暴落します」とかいう派閥間の争いが絶えませんが、JPモルガンの言う通り両方暴落すれば仲良くみんな死にます😇😇😇

   

来世では仲良くしようね。

あ〜あ

米国株バナーをクリック頂けると大変励みになります。

8件のコメント

  1. ふ〜む。
    いや、最近ヒリつく体験が無いし
    顧客先で話すネタが無い。

    儲かって仕方無い。人生楽勝!
    なんて他人が聞いて話が弾む訳もなし。

    いやぁ暴落ですわ。
    今買えば金持ち確定だけど金が無い。

    リーマンの時はコレで随分と話を弾ませました。w

    ハッキリ言えば
    上げでも下げでもアホールドだし
    どっちでも良いんですがね。w

    1. >黒田順之助さん
      リーマンショックの時ってそういう感じだったんですね。当時の貴重な話ありがとうございます。暴落しても未来を信じて全力ホールドで逝きます。

  2. 暴落は突如として起こるそうです。
    予測された嬉々で暴落は起きないそうです。
    つまり、この噂が広まれば・・・

    1. > nepia_300x150さん
      「起こるかもしれない」と言う人がいるうちはそれは起こらない、と言う事ですね。この噂の拡散をお願いします!

  3. ディフェンシブもハイテクもみんな上がる未来が欲しい。
    ついでに保有している日本株も上がってほしい。

    1. うあーさん
      アメリカ株は永遠に右肩上がりなので大丈夫です☺️日本も大丈夫です☺️

  4. 2日間に渡って4%近く下げました。暴落のはじまりかな?ってビビってホールドしています。

全力米国株 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。