ジェレミー・シーゲル「パウエル議長の声明にはショックを受けた。FRBはもっと市場の声を聞くべき。」

シーゲル教授がCNBCの最新インタビューで、FRBのマーケット認識の甘さを批判しました。

”FRBはもっと市場の声を聞くべき。シーゲル教授が語る(CNBC 2018.12.20)”

12月19日のFOMC後のパウエルFRB議長の声明は、市場が予測するほどハト派(金融緩和)寄りではなく、タカ派(金融引き締め)寄りの内容でした。
これについてシーゲル教授は以下のようにコメントしました。

「大変ショッキングだった。FRBは経済に関するマーケットの懸念の声にもっと耳を傾けるべきだ。

FRBは世界経済の減速をほとんど認識していない。これは良くない事だ。」

アメリカの経済データは依然として良好だが、問題はFRBがアメリカ経済だけしか見ていない事だとシーゲル教授はいいます。

「FRBはアメリカ経済だけしか見ていない(ので、世界経済の減速を認識できていない)。ウォール街の投資家は米国経済と世界経済の両方を見ている。」

S&P500の企業全体の利益の45%はアメリカ国外からもたらされる。世界経済の悪化は直接米国経済に打撃を与える。」

米国株式市場が現在最も恐れているのは、世界経済の減速だ。パウエル議長は我々マーケット側にいる人間よりその意識が低い。」

まだ望みはあるかとの質問に対し

「今後FRBが考えを変え、予定していた利上げを保留するなどすれば、まだ望みはある。しかしマーケットが懸念している事をFRBが認識していなかった事には、本当に失望させられた。したがってその後2日間に渡り株価が下落した事は、何ら驚きではない。」

いつになく辛辣なシーゲル教授。

シーゲル教授が重要な事に触れたので、自分の復習のためにもう一度繰り返しておこうと思います。

S&P500の企業全体の利益の45%はアメリカ国外からもたらされる世界経済の悪化は直接米国経済に打撃を与える。

「米国株式市場が現在最も恐れているのは、世界経済の減速だ。

米国株投資が最強、世界分散は非米国株が米国株の足を引っ張るから論外、米国株「のみ」に投資してさえいればその心配は無い、などと思っていた節が自分にもありましたが、まあどうやら違うようですね。米国企業ひいては米国株(ETF含む)も世界経済の減速からは逃れられないという意味のようで。

ダウもS&P500もナスダックも年初来安値を更新中、日経平均は2万円を割りそう、中国もダメ、欧州もダメ、お先マッッックラじゃないですかああああああ!!

クリック頂けると大変励みになります。

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。