アマゾン vs マイクロソフト。1兆円を賭けたクラウド勝負

 

ブルームバーグ(2019.4.11)によると、アメリカ国防総省が発注するクラウド事業「ジェダイプロジェクト」は総額1兆円のディールとして話題ですが、最終候補2社はAmazonとマイクロソフトに絞られたとの事です。

このクラウド事業受注レース、Googleは去年秋に辞退し、オラクルとIBMは先般脱落しています。

最後は、Amazonとマイクロソフトの一騎打ちとなりました。

Amazonホルダーの全力米国株としては、Amazonがフォースと共にあらん事を切望しています。

  

Follow me!

2件のコメント

  1. はい、僕も思いっきりAMZNホルダーです というか資産のかなりの割合がAMZNです
    とはいえ、MSFTも結構持っていますけど(笑)
    投資の正解はETFと分かっていても、やっぱり個別株を持つ楽しさはまた別ですよねー

    追伸
    辞退したみたいですけどGOOGも僕はもちろん持ってます(笑)
    お互い全力で米国株(しかもレバレッジも含む)に突っ込んでますねー

    1. 個別株の楽しさはまた別というところに同意します。私もレバレッジ3倍ETFの割合が50%を超えてきたのでそろそろ個別株かふつうのETFを買おうと思っていますが、ETFよりも圧倒的に個別株に惹かれますね。新しい銘柄を追加しようか買い増しか迷います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。