【踊れ最後まで】米国株はまだ上がる

 

2019年7月12日(金)にダウは27,332ドル、S&P500は3,013ポイントと、終値ベースで揃って史上最高値を更新しました

この上昇はとどまるところを知らないようにも見受けられますが、果たしてこのあたりが天井となってしまうのでしょうか。

「現在は景気サイクルの終盤」「FRBが利下げする事で景気拡大局面は終焉を迎える」という声が界隈で聞こえ始めています。本当にそうなるのであればとっとと利確して下落 / 暴落 / リセッションに備えるのが良さそうですが。

 

ジェレミー・シーゲル教授に聞いてみましょう。

 

“シーゲル「FRBが利下げすれば株式市場は現在の水準から更に5%上昇の余地あり」CNBC 2019.7.12”

シーゲル教授は先週金曜日のインタビューで、FRBの利下げにより今後株価は5%〜12%上昇すると予想しています。

「FRBの利下げにより、現在値から5〜6%上昇したところが2019年の市場の適正価格だと思う

「だがFRBは利上げも利下げも幅を大きく振り過ぎる傾向があるので、再び相場が調整するまでに株価は10〜12%上昇するかもしれない。

ジェレミー・シーゲル

 

なお現在の最大の懸念事項は逆イールド(米国債長短金利差の逆転現象)だといいます。

「現在の最大のファクターは逆イールドだ。歴史的にリセッションを予測する最も重要な指標の内の一つだ。私はそれを心配している。」

ジェレミー・シーゲル

 

 

もしシーゲル教授の言うようにマーケットが現在の値から12%上昇すると・・・S&P500は約3,370、ダウは30,040です。

すごい戦闘力ですよ、これは!

つまりまだ相場から降りるのは早いという事ですね。

  

ところで今から12年も前ですが、2007年7月10日のファイナンシャルタイムズにシティ・グループのチャック・プリンスCEOの有名なインタビュー記事が掲載されました。

これは彼が2007年にサブプライム・ローンのリスクが高まっている事を認識している中で、「それでも音楽が鳴り続けている限りは、踊り続けなければならない」と発言したものです。

もちろんその後サブプライム・ショックが発生し、2008年の歴史的な金融危機が引き起こされたわけですが。

 

音楽が鳴っている間は踊り続けなければならないのがウォール街の習性です。「そろそろ音楽が鳴り終わりそうだから、一足早く手仕舞いしよう」というファンドマネージャーはウォール街には存在しないでしょう。

 

パーティーが終わらない以上、全力米国株は音楽が止むその時まで踊り続けるのみです。

    

下の方の米国株ランキングボタンをクリック頂けると大変励みになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。