ウォーレン・バフェットの秘密のポートフォリオ(2020年3月末)

  

Twitterもよろしくお願いします

 

ウォーレン・バフェットの秘密のポートフォリオ ことバークシャー・ハサウェイの株式保有報告書(13F)が発表されていましたので、記録用に内容をまとめておきます。

2020年1Q版 なので2020年3月31日時点の内容です。

保有銘柄ベストテン

 

参考:バークシャー・ハサウェイの最新ポートフォリオ2020年1Q版(SeekingAlpha 2020.5.17)

  

https://seekingalpha.com/article/4348288-tracking-warren-buffetts-berkshire-hathaway-portfolio-q1-2020-update

  

 

トップのAppleは不動ですね。ポートフォリオ全体の35%を占めます。

2位以下は時価総額変動と保有株式数変更等で順位が頻繁に入れ替わります。

ちなみにゴールドマン・サックスは全売却されたのでポートフォリオから消えました。さようなら…

  

全力米国株が保有するビザやマスターカード、Amazonは20位前後に。

 

ほんの1年半前は、バークシャーの運用資金22兆円の内9兆円は金融セクターだったんですよね。

バフェットは特に銀行株がお気に入りでした。なぜなら銀行は

  • 収益を強く伸ばしており
  • 資本収益率が高いにも関わらず
  • 株価は低迷し、割安に放置されていた

から。

それに影響されて全力米国株も1年半前からFAS(米金融セクターレバレッジ3倍)を買い始めました。

  

でもバフェットは今では銀行株に見切りをつけて保有を縮小してるけどな!

   

情弱イナゴ投資家の末路

 

  

米国株バナーをクリック頂けると大変励みになります。

2件のコメント

    1. あの「秘密のポートフォリオ」を初めて見た時の感動と言ったらなかったですね。秘密というからには絶対秘密で非公開と普通思うじゃないですか?でも全然秘密にしてなくてむしろ大公開してるわけですよ。何か得した気分になって妙に感動したのを覚えています。

うあー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。