雇用統計と利下げと習近平を好感し株価上昇

2019年6月7日(金)は米雇用統計・5月分の発表がありました。

雇用増加数は市場予測175,000に対し、何と僅か75,000に留まりました。米経済の減速が垣間見える結果となりました。

通常こういった弱い雇用統計が発表された場合、株価は下がる事が多いですが、昨晩は逆に上昇しました。

FRBが経済減速を認め、利下げを行う公算が高まった、と市場が判断したためです。

CNBCは6月7日の記事で「もはや利下げをするかしないかは問題ではない。いつ利下げに踏み切るか、それが問題だ」と述べ、マーケットが利下げを前提に動き始めた事を報じました

記事中、あるストラテジストは

利下げタイミングは早ければ7月」とコメントしています。

本当に利下げという事になれば、短期的には株価には追い風です。

ところで、投資家にとっては米中貿易紛争の行方が気になります。

********

その頃、ロシア・サンクトペテルブルクで開催中の世界経済フォーラムの壇上で、中国の習近平国家主席がスピーチを行なっていました

アメリカとの関係について以下のように述べています。

「中国とアメリカの関係が完全に破壊されるなど、想像すら出来ない。中国側もアメリカ側もそのような事態は望んでいない。

トランプ大統領は私の友人である。彼も米中の関係破壊には全く興味が無いという事を、私は確信している。」

原文:China’s Xi calls Trump his friend and says the US won’t disconnect with China (CNBC)

米中の経済関係を維持したいという意図が伝わってきます。このトーンだと、突然最悪の事態に突入(経済圏の分断等)、という事は今のところ無さそうです。

依然先行き不透明ながらも、短期的には株価には追い風と言えそうです。

*******

それではここで、これらの好ニュースに過剰に反応するレバレッジ3倍ETFの様子を見てみましょう。

CURE(ヘルスケアセクターレバレッジ3倍ETF)

グリグリグリグリィ〜〜!!!

SPXL (S&P500連動レバレッジ3倍ETF)

ギュンギュンギュンギュ〜ン!!!

TQQQ (ナスダック連動レバレッジ3倍ETF)

モリモリモリモリィ〜〜!!!!

今はレバレッジのターン!

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。