ア、アルトリアァァァ!

 

タバコ株の代表選手、アルトリア(MO)ホルダーに激震が走りました。

2019年3月12日(火)、米食品医薬局(FDA)の長官人事が発表され、先週辞任を表明したゴッドリーブ長官に代わり、全米がん協会長であるネッド・シャープレス氏(医師)がFDA長官に就任する事が正式にアナウンスされました。

 

このニュースに市場は即座に反応し、発がん性が疑われる物質を含む、というより発がん性物質そのもので構成されていると見られる嗜好品を主力商品とするアルトリアの株価が、ストンと下落しました。

  

CNBCによると、FDAはこの人事を発表するにあたり「今後もシャープレス長官の新体制の下、麻薬(大麻)合法化に関する問題や食品への薬品使用問題、及び若年層への急速な電子タバコ蔓延問題への対策などへ注力していく」と表明したとのこと。

タバコ株ホルダーはいつだってFDA長官人事に一喜一憂です。

  

でもこの株価の動きは投資家がニュースに反応したと言うよりも、マーケットの自動取引プログラムが機械的に反応したような気がしないでも無いですが・・・

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。